研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉を紹介します

歯のホワイトニングをしたいけど、研磨剤入りって歯を傷つけるって知ってた??

歯の黄ばみって気になりますよね。ホワイトニングの方法には、歯医者や自宅で歯磨き粉を使って行うものなどありますが、お手軽なのはやはり歯磨き粉です。

 

でも、市販の歯磨き粉を使ってもホワイトニング効果はあまりないって知ってましたか?

 

市販の歯磨き粉には研磨剤が入っていて、逆に歯を傷つけてしまうのです。そこで、研磨剤なしのホワイトニングできる歯磨き粉について紹介します。

 

→研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉ランキングはこちら

そもそも研磨剤とはなに??研磨剤入り歯磨き粉のメリット・デメリットを紹介!

研磨剤とは、歯磨き粉に入っている汚れを落とす成分です。

 

歯磨き粉を手にとってみると、ザラザラしますよね。これが研磨剤です。

 

研磨剤入り歯磨き粉のメリット

泡立った歯ブラシ
研磨剤は、ザラザラした成分で歯の表面に付いた汚れを削ぎ落とします。歯の表面の汚れは、ブラシでこすれば落ちますが、その力をより強力にするために研磨剤が入っています。研磨剤なしの歯磨き粉と比べると、汚れをそぎ落とす効果が強力になります

 

研磨剤入り歯磨き粉のデメリット

歯磨きをする親子
研磨剤は、歯に付いた汚れを削ぎ落とす効果が高いですが、それはデメリットともなります。歯の汚れを落とすだけでなく、歯の表面にあるエナメル質を傷つけてしまうのです。エナメル質の薄い子どもは使わないほうがいいでしょう。多少の傷なら唾液の作用によって再石灰化し、傷は修復されます。

 

しかし、研磨剤入り歯磨き粉で一生懸命磨くと、大人でもエナメル質に傷がついてしまいます。歯の表面に傷が付くと、その隙間に汚れが入り込み、かえって歯の着色汚れが付きやすくなってしまいます。ホワイトニングのために歯磨きをしているのに、着色汚れが目立ってしまうなんて本末転倒ですよね。

 

また、研磨剤は歯だけではなく、歯茎にもダメージを与えます。歯肉炎、歯周病などで歯茎が弱っている人や、知覚過敏の場合は使わないようにしましょう。

 

研磨剤とはどういう成分??

上記のことから、研磨剤入り歯磨き粉は、エナメル質にダメージを与えるので、研磨剤なしの歯磨き粉を使うのがよいでしょう。では、どうやって「これは研磨剤なし」と判断できるのでしょう?

 

以下のような物質は、研磨剤と言えます。

 

無水ケイ酸
シリカ
炭酸カルシウム
炭酸水素ナトリウム

 

今は、研磨剤としての表記ではなく、「清掃剤」として記載されていることもあります。それは、「研磨剤」というと、削り落とす感じが強くてイメージが悪いからのようです。

 

お使いの歯磨き粉の裏に記載してある、成分表を見てみてください。上記のような物質が書かれていたら、研磨剤入りです。

研磨剤が入っていない歯磨き粉は、どうやって汚れを落とすの??

これまで紹介したように、研磨剤入り歯磨き粉は、歯の表面を傷つけるのでで、研磨剤なしの歯磨きを使うのがオススメです。

 

そこで不安なのが、研磨剤なしの歯磨き粉ってちゃんと汚れが落ちるのか?ということです。研磨剤なしの歯磨き粉歯、どうやって汚れを落とすのでしょう??

 

汚れを浮かせて落とす

研磨剤なしの歯磨き粉は、汚れを浮かせて落としていく歯磨き粉です。余分な研磨剤、発泡剤、着色料、漂白剤などが入っておらず、体にやさしくできています。歯の表面のエナメル質と、着色汚れの間に入り込み、エナメル質から汚れを浮かせてくれ、その後は酵素や酸が分解して落としていきます

 

歯をコーティングして汚れが付きにくく丈夫にする

汚れを落としたあとは、歯をコーティングして、汚れを付きにくくします。また、傷ついた歯を補修し、再石灰化を促してくれます。

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング

研磨剤なしの歯磨き粉の方が、歯にやさしいということがわかったところで、研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉のおすすめランキングを紹介します!ホワイトニング歯磨き粉選びの参考にしてみてください。これらの歯磨き粉は、ドラッグストアなどで販売されておらず、通信販売で購入できます。

 

はははのは
はははのは

「はははのは」は、余分な研磨剤、発泡剤、漂白剤、着色料、合成界面活性剤すべて不使用で刺激が少なく、お口にやさしい歯磨きです。泡立たないタイプなのでじっくり使える歯磨きジェルです。

 

ISO9001の認定工場で製造されています。ISO9001とは、すぐれた製品を作るまでの工程と、すぐれた製品を作るというシステムができあがっている会社に認定されます。ですので、「はははのは」は高品質と言えるのです。

 

研磨剤が入っていないため、ポリリン酸ナトリウムメタリン酸ナトリウムという2種類の物質が、エナメル質からステインという着色汚れを浮かびあがらせます。浮き上がった汚れは、パパインというタンパク質酵素が落としていきます。歯の汚れはタンパク質なので、パパインは効果的です。

 

ハッカ油が入っているので、お口の中のネバネバを防ぎ、口臭を予防します。

 

研磨剤なしの安全な歯磨き粉は、高いイメージがありますが、「はははのは」はその中でも安いのが特徴です。定価は3,500円(税込)ですが、定期便にするとさらに安く約43%オフの1,980円(税込)で購入できます。1日たった66円です。また、10日以内なら全額返金保障もあるので、もしお口に合わなくても安心ですね。定期便は1回だけの購入でもOKなので、気軽に始められるホワイトニング歯磨きです。お子さんや妊婦さんでも使えるのがポイントです。

 

「はははのは」の詳細はこちら>>>

定期便の価格 安全性 評価

通常価格3,500円が
1回目
 →約43%オフの1,980円
2回目
 →約15%オフの2,980円
※表示価格は税込

研磨剤、発泡剤、漂白剤、着色料、合成界面活性剤すべて不使用

研磨剤,研磨剤なし,ホワイトニング,歯磨き粉

ちゅらトゥースホワイトニング
ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングは、研磨剤、発泡剤、漂白剤、合成ポリマー、人工甘味料、動物由来原料、パラベン不使用の歯磨きです。

 

ポリアスパラギン酸という成分が、黄ばみの原因となる、エナメル質に付着した着色汚れを浮かし、ビタミンCとリンゴ酸が浮かび上がった汚れを溶かし落とします。歯をすっきりと本来の白さに戻すことができます。また、GTOと言われる烏龍茶やホップエキスから抽出された独自成分も配合しており、歯茎を健康にしてくれます。

 

ステビア、キシリトール、メントールなど、天然由来の歯に影響のない、虫歯の心配がない甘味があり、爽やかな使い心地です。毎日2回(朝晩)、この歯磨きを使ってブラッシングすることを習慣にしましょう♪磨きあがりは、歯がツルツルに感じるでしょう。

 

54万人の満足調査で、6種目で1位を獲得しており、芸能人にも人気の歯磨きです。お値段は、定期便を購入するとお得になり、初回は5,980円(税別)が33%オフの3,980円(税別)です。

 

2回目以降も16%オフの4,980円(税別)で購入することができ、送料も無料です。さらに、おまけでワンタフトブラシという、普通よりもヘッドの小さい歯ブラシが初回に1本付いてきます。歯磨きと一緒に使ってお口をケアしましょう。

 

注意点は、定期便は最低3回の購入をしないといけない点です。3回購入すると、3,980円+(4,980円×2)の13,940円(税別)かかります。注意してくださいね。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの詳細はこちら>>>

定期便の価格 安全性 評価

通常価格5,980円
1回目
 →33%オフの3,980円
&送料無料
2回目以降
 →16%オフの4,980円
※表示価格は税別

研磨剤、発泡剤、漂白剤、合成ポリマー、人工甘味料、動物由来原料、パラベン不使用

研磨剤,研磨剤なし,ホワイトニング,歯磨き粉

プレミアムブラントゥース
プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースは、研磨剤不使用で植物の力で歯を白くする歯磨きです。エナメル質に付着したタンパク質汚れを、パパインというタンパク質分解酵素が除去します。また、茶カテキン・烏龍茶エキスが虫歯を予防し、使い続けるほどに健康的で本来の白さの歯になっていきます。たくさんの植物性オイルを配合し、オーガニックにこだわった商品です。

 

黄ばみ、ねばつき、口臭など、お口の中の様々な悩みを解消する、ボタニカルな歯磨きです。オイルプリングという、植物性のオイルを使ったうがいにも使用できます。抗菌、抗ウイルス効果のあるココナッツオイルを配合している、プレミアムブラントゥースを使ってオイルプリングを行うと、口の中の細菌が減り、虫歯や歯周病が発生しにくくなります。オイルは体への浸透率が高いので、うがいにより有効成分が浸透し、効果的なデトックスが行えます。

 

おしゃれなパッケージに入っており、女性や世界のセレブにも人気なんだそう。世界5ヵ国で売上1位を獲得しています。

 

お値段は、通常価格は9,980円(税抜)となかなかお高いですが、定期便にすると、初回限定で6,000円オフの3,980円で購入できます。送料も無料です!さらに定期便は、2回目以降も50%オフの4,980円で購入できます。

 

注意すべき点は、定期便は3回しなければならないことです。3回購入すると、3,980円+(4,980円×2)=13,940円(税別)かかります。

 

プレミアムブラントゥースの詳細はこちら>>>

定期便の価格 安全性 評価

通常価格9,980円
1回目
 →6,000円オフの3,980円
 送料無料
2回目以降
 →50%オフの4,980円
※表示価格は税別

研磨剤不使用
GMP認定工場で製造

研磨剤,研磨剤なし,ホワイトニング,歯磨き粉

研磨剤なしの歯磨き粉はどんな成分が入っているの??

歯磨き粉に入っている研磨剤とは、歯の表面を削って汚れを落とすとので、歯を傷つけてしまいます。一方、研磨剤の入っていない歯磨き粉は、歯を削ることはありません。

 

では、どのような成分で、汚れを落としていくのでしょう。詳しく紹介します。

 

ハイドロキシアパタイト

カルシウムの一種で、人の骨や歯のエナメル質、象牙質を形成する成分の一つです。歯垢を除去し、歯のエナメル質を丈夫にする効果があります。歯が丈夫になると、タバコのヤニや、コーヒー紅茶などによる着色汚れがつきにくくなります。

 

薬用ハイドロキシアパタイト

一般的なハイドロキシアパタイトと区別されており、3つの作用で虫歯を予防します。

  1. 歯垢を吸着、除去します
  2. 歯の表面にできたミクロの傷を修復します
  3. 初期虫歯を再石灰化します

 

ピロリン酸ナトリウム

歯の表面のエナメル質に付着しているステインを、浮き上がらせる効果があります。

 

メタリン酸ナトリウム

歯の表面のエナメル質と汚れの間に入り込み、ステインを浮かせて除去する効果があります。

 

フッ素

歯の再石灰化を助けて、虫歯をできにくくする成分です。歯科医では、フッ素の塗布やフッ素を配合したうがいなどを行うことができます。市販の歯磨き関連の商品には、だいたいフッ素が配合しており、歯に必要なミネラルを補います。

 

リンゴ酸

歯に付着した汚れを溶かして落としてくれます。

 

ポリアスパラギン酸

エナメル質からステインを剥がし取り、沈着汚れを予防します。口臭や虫歯予防にも効果があります。

 

パパイン

タンパク質分解酵素です。歯に付着した歯垢はタンパク質であるため、パパインの効果で分解できます。歯石は落とせません。

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉オススメNo,1の「はははのは」はこちら>>>

研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉のいいところ〜ほかのホワイトニング方法との違い〜

これまで、ホワイトニング歯磨き粉のいいところを紹介してきましたが、他にも歯を白くする方法はあります。具体的には、どんな方法があるのでしょう?また、ホワイトニング歯磨き粉との違いを紹介します。

 

歯科でのクリーニング

歯医者
1つ目に紹介する方法は、歯科、歯医者さんでのクリーニングです。磨き残しによる汚れや、こびりついた歯垢が固くなり、歯石となってしまったものを、特殊な器具を使って落としていきます。自分では落としきれない頑固な汚れを落として、歯周病の予防も期待できます。歯石を削り取ったり、水と微粒子パウダーを吹き付け、しつこい着色汚れも落としていきます。

 

通常の虫歯の治療の他にも、保険が適用されるクリーニングもあるので、定期的に通うのがおすすめです。ホワイトニング歯磨き粉との違いは、自分では落とせない歯石も落としてくれるということです。クリーニングの時に歯科に行って、同時に定期健診も受けられますし、そこで早期の虫歯を発見できるかもしれません。歯科でのクリーニングのデメリットは、歯石をガリガリ落とす可能性があります。ホワイトニング歯磨き粉の方が、歯への優しさを実感できるでしょう。

 

審美歯科でのホワイトニング

2つ目の方法は、審美歯科で行うホワイトニングです。審美歯科でのホワイトニング方法には、いくつかの種類があるので紹介します。

 

オフィスホワイトニング

歯医者
ホワイトニング剤を歯に塗り、上から特殊な光を当てて、色を白くしていく方法です。歯の表面にあるエナメル質は半透明で、エナメル質の奥には黄色っぽい色の象牙質があります。表面のエナメル質から象牙質が透けて見えるので、歯も黄色っぽく見えますが、オフィスホワイトニングは、このエナメル質を白く曇らせます。その結果、象牙質が見えなくなって、歯が白く見えるのです。オフィスホワイトニングの処置は、1回30分〜1時間ぐらいと、あまり時間がかかりません。そのうえ、効果も即効性があるのも特徴です。ホワイトニング歯磨き粉と比較した時のデメリットは、価格が高いことと、色戻りも早く、汚れを落とすわけではないということです。

 

ホームホワイトニング

歯
自分の歯の形に合ったマウスピースを作ってもらい、自宅で専用のホワイトニングジェルをマウスピースに塗って、マウスピースを装着します。1日1〜2時間マウスピースを装着することで、ホワイトニングジェルを歯に浸透させ、時間をかけてだんだん歯を白くしていく方法です。2週間〜1ヶ月と続けることで白さを実感できます。ホワイトニング歯磨き粉と比較すると、色は白くなりますが、高価で、汚れが落ちるわけではありません。

 

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行って、歯を白くしていく方法です。はっきりとした白い色にすることができ、芸能人みたいな歯になります。

 

 

このように、歯を白くしていく方法は、歯磨き粉の他にも、歯医者、審美歯科などさまざまな方法があります。目的や予算に合わせて、ホワイトニング方法を選びましょう。ただ、即効性のある白さを求めているなら審美歯科、手軽なお金で汚れを落とし、歯本来の白さに戻したいならホワイトニング歯磨き粉、虫歯予防も兼ねたいなら歯科がおすすめです。

 

研磨剤なしの歯磨き粉はエナメル質を傷つけないのでオススメです!

このように、研磨剤の入っていない歯磨き粉は、歯を削らず、優しく汚れを落としてくれるのです。

 

せっかく歯がきれいでも、研磨剤ありのものを使うとエナメル質が削られ、もともと黄色っぽい象牙質が見えてしまい、白い歯になれません

 

歯を丈夫にするためにも、研磨剤なしの歯磨き粉がオススメです。きれいで丈夫な歯になったら、思いっきり歯を出して笑えるし、歯医者さんにかかることも少なくなりますよ♪

 

研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉オススメNo,1の「はははのは」はこちら>>>